【ブログ一覧】 - ますみのブログ

ますみのブログ

パソコンとかプログラミングに関するあれこれ発信してます
HTML入門
よく読まれています

文字が一文字ずつ現れるアニメーションの作り方【HTML、CSS】

こんにちは!エンジニアのますみです!本日はCSSで作れる文字が一文字ずつ表れるアニメーションの作り方とサンプルを紹介します!目次 一文字ずつペラペラ現れるアニメーション 文字が下からスライドして現れる 文字が上からふわっと降ってくる 一文字ずつ横からスライドして現れるそれではさっそく見ていきましょう一文字ずつペラペラ現れるアニメーションS a m p l e T e x t再生HTMLdiv span class='text' style="animation-delay: 0s"S/span span class='text' style="animation-delay: 0.2s"a/span span class='text' style="animation-delay: 0.4s"m/span span class='text' style="animation-delay: 0.6s"p/span span class='text' style="animation-delay: 0.8s"l/span span class='text' style="animation-delay: 1s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.2s" /span span class='text' style="animation-delay: 1.4s"T/span span class='text' style="animation-delay: 1.6s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.8s"x/span span class='text' style="animation-delay: 2s"t/span/divCSS.text { display: inline-block; font-size: 2rem; font-family: "Ryumin ExtraBold KL"; letter-spacing: -0.15rem; animation: text-animation 0.8s forwards; transform: rotateY(90deg);}@keyframes text-animation { 0% { transform: rotateY(90deg); } 100% { transform: rotateY(0deg); }}@keyframesはCSSでアニメーションを定義できるプロパティです。transformと:hoverや:focus等の疑似クラスの組み合わせでもアニメーションは作成可能ですが、@keyframesは より複雑なアニメーションが作れる マウスホバーやフォーカス等の操作に関係なくアニメーションをスタートできるといったメリットがあります。Sample Textという文字を一文字ずつspanで区切り、文字ごとにアニメーションをスタートするタイミングを変えることで順番に文字が現れるアニメーションを作ることができます。文字が下からスライドして現れる再生HTMLdiv class="container" span class='text' style="animation-delay: 0s"S/span span class='text' style="animation-delay: 0.2s"a/span span class='text' style="animation-delay: 0.4s"m/span span class='text' style="animation-delay: 0.6s"p/span span class='text' style="animation-delay: 0.8s"l/span span class='text' style="animation-delay: 1s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.2s" /span span class='text' style="animation-delay: 1.4s"T/span span class='text' style="animation-delay: 1.6s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.8s"x/span span class='text' style="animation-delay: 2s"t/span/divCSS.container { overflow: hidden;}.text { display: inline-block; font-size: 2rem; font-family: "Ryumin ExtraBold KL"; letter-spacing: -0.15rem; animation: llfsdi-text-animation 0.8s forwards; transform: translateY(3rem);}@keyframes text-animation { 0% { transform: translateY(3rem); } 100% { transform: translateY(0rem); }}基本的な部分は先ほどと同様、@keyframesとanimation-delayによるアニメーション開始時間の調整で作ることができます。親要素にoverflow : hiddenを指定して、文字が下の方にいる時に表示されないようにします。文字が上からふわっと降ってくる再生HTMLdiv span class='text' style="animation-delay: 0s"S/span span class='text' style="animation-delay: 0.2s"a/span span class='text' style="animation-delay: 0.4s"m/span span class='text' style="animation-delay: 0.6s"p/span span class='text' style="animation-delay: 0.8s"l/span span class='text' style="animation-delay: 1s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.2s" /span span class='text' style="animation-delay: 1.4s"T/span span class='text' style="animation-delay: 1.6s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.8s"x/span span class='text' style="animation-delay: 2s"t/span/divCSS.text { display: inline-block; font-size: 2rem; font-family: "Ryumin ExtraBold KL"; letter-spacing: -0.15rem; animation: llfsdi-text-animation 0.8s forwards; transform: translateY(-1rem); opacity: 0;}@keyframes text-animation { 0% { opacity: 0; transform: translateY(-1rem); } 100% { opacity: 1; transform: translateY(0rem); }}こちらのサンプルでは透明度を調整するopacityも追加しました。他のアニメーションにもopacityを追加するとふわっと現れるアニメーションになります。お好みでカスタマイズしてみてください。一文字ずつ横からスライドして現れる再生HTMLdiv span class='text'span style="animation-delay: 0s"S/span/span span class='text'span style="animation-delay: 0.2s"a/span/span span class='text'span style="animation-delay: 0.4s"m/span/span span class='text'span style="animation-delay: 0.6s"p/span/span span class='text'span style="animation-delay: 0.8s"l/span/span span class='text'span style="animation-delay: 1s"e/span/span span class='text'span style="animation-delay: 1.2s" /span/span span class='text'span style="animation-delay: 1.4s"T/span/span span class='text'span style="animation-delay: 1.6s"e/span/span span class='text'span style="animation-delay: 1.8s"x/span/span span class='text'span style="animation-delay: 2s"t/span/span/divCSS.text-container { overflow: hidden;}.text { display: inline-block; font-size: 2rem; font-family: "Ryumin ExtraBold KL"; overflow: hidden;}.text span{ display: block; animation: llfsdij1-text-animation 0.8s forwards; transform: translateX(-2rem);}@keyframes text-animation { 0% { opacity: 0; transform: translateX(-1rem); } 100% { opacity: 1; transform: translateX(0rem); }}一文字ずつ横スライドして現れるように見せるには、HTMLも修正する必要があります。テキストをさらに一階層深い要素にし、テキストの親要素にoverflow : hiddenを指定してテキストが横から現れて見えるようにする必要があります。最後まで読んでいただきありがとうございます!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年05月01日

Read More

文字が一文字ずつ現れるアニメーションの作り方【HTML、CSS】

こんにちは!エンジニアのますみです!本日はCSSで作れる文字が一文字ずつ表れるアニメーションの作り方とサンプルを紹介します!目次 一文字ずつペラペラ現れるアニメーション 文字が下からスライドして現れる 文字が上からふわっと降ってくる 一文字ずつ横からスライドして現れるそれではさっそく見ていきましょう一文字ずつペラペラ現れるアニメーションS a m p l e T e x t再生HTMLdiv span class='text' style="animation-delay: 0s"S/span span class='text' style="animation-delay: 0.2s"a/span span class='text' style="animation-delay: 0.4s"m/span span class='text' style="animation-delay: 0.6s"p/span span class='text' style="animation-delay: 0.8s"l/span span class='text' style="animation-delay: 1s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.2s" /span span class='text' style="animation-delay: 1.4s"T/span span class='text' style="animation-delay: 1.6s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.8s"x/span span class='text' style="animation-delay: 2s"t/span/divCSS.text { display: inline-block; font-size: 2rem; font-family: "Ryumin ExtraBold KL"; letter-spacing: -0.15rem; animation: text-animation 0.8s forwards; transform: rotateY(90deg);}@keyframes text-animation { 0% { transform: rotateY(90deg); } 100% { transform: rotateY(0deg); }}@keyframesはCSSでアニメーションを定義できるプロパティです。transformと:hoverや:focus等の疑似クラスの組み合わせでもアニメーションは作成可能ですが、@keyframesは より複雑なアニメーションが作れる マウスホバーやフォーカス等の操作に関係なくアニメーションをスタートできるといったメリットがあります。Sample Textという文字を一文字ずつspanで区切り、文字ごとにアニメーションをスタートするタイミングを変えることで順番に文字が現れるアニメーションを作ることができます。文字が下からスライドして現れる再生HTMLdiv class="container" span class='text' style="animation-delay: 0s"S/span span class='text' style="animation-delay: 0.2s"a/span span class='text' style="animation-delay: 0.4s"m/span span class='text' style="animation-delay: 0.6s"p/span span class='text' style="animation-delay: 0.8s"l/span span class='text' style="animation-delay: 1s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.2s" /span span class='text' style="animation-delay: 1.4s"T/span span class='text' style="animation-delay: 1.6s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.8s"x/span span class='text' style="animation-delay: 2s"t/span/divCSS.container { overflow: hidden;}.text { display: inline-block; font-size: 2rem; font-family: "Ryumin ExtraBold KL"; letter-spacing: -0.15rem; animation: llfsdi-text-animation 0.8s forwards; transform: translateY(3rem);}@keyframes text-animation { 0% { transform: translateY(3rem); } 100% { transform: translateY(0rem); }}基本的な部分は先ほどと同様、@keyframesとanimation-delayによるアニメーション開始時間の調整で作ることができます。親要素にoverflow : hiddenを指定して、文字が下の方にいる時に表示されないようにします。文字が上からふわっと降ってくる再生HTMLdiv span class='text' style="animation-delay: 0s"S/span span class='text' style="animation-delay: 0.2s"a/span span class='text' style="animation-delay: 0.4s"m/span span class='text' style="animation-delay: 0.6s"p/span span class='text' style="animation-delay: 0.8s"l/span span class='text' style="animation-delay: 1s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.2s" /span span class='text' style="animation-delay: 1.4s"T/span span class='text' style="animation-delay: 1.6s"e/span span class='text' style="animation-delay: 1.8s"x/span span class='text' style="animation-delay: 2s"t/span/divCSS.text { display: inline-block; font-size: 2rem; font-family: "Ryumin ExtraBold KL"; letter-spacing: -0.15rem; animation: llfsdi-text-animation 0.8s forwards; transform: translateY(-1rem); opacity: 0;}@keyframes text-animation { 0% { opacity: 0; transform: translateY(-1rem); } 100% { opacity: 1; transform: translateY(0rem); }}こちらのサンプルでは透明度を調整するopacityも追加しました。他のアニメーションにもopacityを追加するとふわっと現れるアニメーションになります。お好みでカスタマイズしてみてください。一文字ずつ横からスライドして現れる再生HTMLdiv span class='text'span style="animation-delay: 0s"S/span/span span class='text'span style="animation-delay: 0.2s"a/span/span span class='text'span style="animation-delay: 0.4s"m/span/span span class='text'span style="animation-delay: 0.6s"p/span/span span class='text'span style="animation-delay: 0.8s"l/span/span span class='text'span style="animation-delay: 1s"e/span/span span class='text'span style="animation-delay: 1.2s" /span/span span class='text'span style="animation-delay: 1.4s"T/span/span span class='text'span style="animation-delay: 1.6s"e/span/span span class='text'span style="animation-delay: 1.8s"x/span/span span class='text'span style="animation-delay: 2s"t/span/span/divCSS.text-container { overflow: hidden;}.text { display: inline-block; font-size: 2rem; font-family: "Ryumin ExtraBold KL"; overflow: hidden;}.text span{ display: block; animation: llfsdij1-text-animation 0.8s forwards; transform: translateX(-2rem);}@keyframes text-animation { 0% { opacity: 0; transform: translateX(-1rem); } 100% { opacity: 1; transform: translateX(0rem); }}一文字ずつ横スライドして現れるように見せるには、HTMLも修正する必要があります。テキストをさらに一階層深い要素にし、テキストの親要素にoverflow : hiddenを指定してテキストが横から現れて見えるようにする必要があります。最後まで読んでいただきありがとうございます!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年05月01日

Read More

【WordPressが使えるレンタルサーバー】最安値はどこ?初期費用も加味した価格ランキング!

レンタルサーバー選びって大変ですよねさまざまな会社がレンタルサーバーを運営していてプランもたくさんあります。私が調べた範囲だけでも72種類のプランがあったので、実際は100は余裕で超える種類があるでしょう。この記事はコスパ良くWordPressのサイトを運用したい方に向けて書いています。レンタルサーバーは長期契約をすることで大幅にコストを抑えることができます。しかし、契約してみたもののWordPressが使えなかった!となっては大きな無駄遣いです。あなたはWordPressでサイトを立ち上げてブログを書く、収益を得る等が本来の目的のはずです。レンタルサーバー選びに時間がかかってしまってはもったいないです!当記事は18社72種類のプランの中から初期費用込みで安く使えるWordPress可のレンタルサーバーを紹介します。月額での価格比較ランキングサイトはたくさんありますが、初期費用も計算したランキングはあまり見かけませんねもういろんなレンタルサーバーのホームページを見比べて価格を計算する必要はないですさっさとレンタルサーバーを決定してWordPressサイトを立ち上げ、本来の目的を達成しましょう!*レンタルサーバー公式サイトに『WordPress可』と記載のあるプランを紹介します。*価格等のデータはブログ執筆時のものです。契約前に公式サイトで価格等をしっかり確認してください。目次 今回比較するレンタルサーバー WordPressが使えるレンタルサーバー価格ランキング WordPress可のレンタルサーバーコスパ1位 : リトルサーバー ミニプラン リトルサーバーミニプランのメリット リトルサーバーミニプランのデメリット WordPress可のレンタルサーバーコスパ2位 : ロリポップ!ライトプラン ロリポップ!ライトプランのメリット ロリポップ!ライトプランのデメリット WordPress可のレンタルサーバーコスパ3位 : リトルサーバー ワードプラン リトルサーバー ワードプランのメリット リトルサーバー ワードプランのデメリット おすすめはロリポップ!ミニプラン まとめ 最も安く使えるWordPress可のレンタルサーバーはリトルサーバーミニプラン おすすめはロリポップ!ライトプラン 番外編 当サイトで利用しているレンタルサーバーそれではさっそく見ていきましょう今回比較するレンタルサーバー以下のレンタルサーバーのプランを比較していきます。レンタルサーバー名プラン数ミライサーバー8種類Winserver3種類GIGAレンタルサーバー4種類99YENレンタルサーバー5種類ConoHa WING3種類リトルサーバー4種類ロリポップ!4種類XREA 2種類ColorfulBox 8種類mixhost 3種類エックスサーバー 3種類ABLENET 3種類ヘテムル 1種類JETBOY 6種類バリューサーバー 3種類グランパワー 3種類Just-Size.Networks 2種類CORESERVER 7種類18社全72種類のプランで検証していきます。この中から公式サイトにWordPress可と記載のあるものからランキングを作成しました。また、セットアップが簡単にできるかどうかも加味しています。それでは最も低コストで運用できるプランを見ていきましょうWordPressが使えるレンタルサーバー価格ランキングレンタルサーバー名プラン料金(月)リトルサーバーミニプラン176円~(12カ月契約)ロリポップ!ライト220円~(36カ月契約)リトルサーバーワードプラン221円~(12カ月契約)Just-Size.Networks サブドメインプラン239円~(12カ月契約)リトルサーバーリトルプラン276円~(12カ月契約)Just-Size.Networks エコノミープラン343円~(12カ月契約)リトルサーバービッグプラン456円~(12カ月契約)ColorfulBox BOX2484円~(36カ月契約)グランパワー ソロ500円~(12カ月契約)JETBOY ミニ514円~(12カ月契約)ColorfulBox BOX1528円~(36カ月契約)ロリポップ!ベーシック550円~(36カ月契約)WordPress可のレンタルサーバーコスパ1位 : リトルサーバー ミニプランWordPressが使えるレンタルサーバープラン最安値はリトルサーバーのミニプランです。リトルサーバーは低コストで使えるプランが充実しており、さらに数クリックでWordPressのインストールを完了できる機能もついてきます。無料お試し期間が10日間もあるので、その間にテストすれば失敗する可能性を防げますリトルサーバーミニプランのメリット低コストで運用できる72種類のプランの中で最も低コストで運用することができます。特にWordPressのサイトで収益を得ることが目的の場合、レンタルサーバーの費用はできるだけ抑えて収入を増やしたいところですよねリトルサーバーのミニプランなら初期費用加味でひと月あたり176円で運用することが可能ですので、マイナスを極限まで抑えることができます無料お試し期間がある登録から10日間は無料で利用することができます。試しにWordPressのセットアップをしてこの期間中にテストをしておけば、無駄にコストを払う危険が減らせます数クリックでWordPressのセットアップが可能リトルサーバーのミニプランではコントロールパネルから数クリックでWordPressのインストールが可能です。セットアップに数日かかってしまえばその期間中のコストがもったいないですよね...簡単にセットアップを完了できるということは、余計な出費が減るということでもあります。リトルサーバーミニプランのデメリット表示速度が若干遅めミニプランではPHP高速化設定が行えません。PHP高速化設定をするとWordPress等のサイトを素早く表示することができます。サイトの表示が遅いことはSEO評価を下げる原因になるので、アクセス数が減少する可能性があります。アクセス数を伸ばしていきたいのであれば、上位グレードのプランで契約したほうが良いです容量が少ないミニプランの容量は20GBとなっています。使い方にもよりますが、ブログに使った画像ファイルやWordPress本体、バックアップ等のデータのことを考えると、300記事くらいでいっぱいになる可能性があります。ということは1日1投稿するのであれば1年で365投稿になります。つまり1年も使えないわけです。長期的に運用を続けたいのであれば、少なくとも100GBは容量が欲しいところです。100GBの容量がある最安プランは次に紹介するロリポップ!ライトプランですので、こちらも検討してみるといいでしょうWordPress可のレンタルサーバーコスパ2位 : ロリポップ!ライトプランロリポップ!は低コストかつ知名度も高く安心して使えるレンタルサーバーです。運用はGMOグループが行っています。大きな企業が運営しているという点はレンタルサーバー自体がサービスを終了する可能性が少ないという安心感もあります。ロリポップ!ライトプランのメリット充分な容量があるなんとロリポップ!ライトプランはファイル容量が160GBあります。よほどのことがなければ容量がいっぱいになってブログが更新できなくなった!ということにはならないでしょう。何年もサイトの運用をしていていよいよいっぱいになってしまっても、その頃にはある程度収益を得ることができいるはずですし、プランのアップグレードをすれば問題ないでしょう。ちなみにロリポップ!のプランの1つ上のグレードでもひと月550円と低価格で運用することができます。低コストで運用できるひと月あたりの価格が220円と非常に低価格で運用することができます。36カ月契約の長期契約の価格ですが、その分ハイスペックな機能を低価格で使えるというわけです。サイトは基本的には長く運用していくものなので、長期契約でサーバーを借りるのは全然ありだと思います。どれくらいハイスペックかというと、先ほど容量は最低100GBは欲しいという話をしましたが容量100GB以上で次に安いプランはひと月の価格が倍以上します。ということは価格の倍くらいの価値があるプランとも捉えられますので、コスパは最強クラスです。WordPress簡単インストール機能搭載ロリポップ!ライトプランには、簡単な設定をすればWordPressのインストールが完了するWordPress簡単インストール機能を搭載しています。WordPressを自力でセットアップするのは中々大変なので、素早くセットアップして運用をスタートさせられるのは大きなメリットになります。無料お試し期間があるロリポップ!ライトプランも10日間の無料お試し期間があります。この間に動作確認をしておけばレンタルサーバー選びに失敗して無駄にお金を払うといった危険はなくなりますので、とりあえず登録して動作確認してみるのもいいでしょう。ロリポップ!ライトプランのデメリット正直、目立つデメリットが見つかりませんでした...笑ですがいいポイントばかりお話ししても逆に不安になると思いますので、いくつか感じたことをお話しします長期契約が必要ひと月あたり220円で利用するには36カ月の契約をする必要があります。基本的にはサイトは36カ月くらいは運用していくと思いますので問題ないと思いますが、短期間で利用したい場合は少々価格があがります。WordPressサイトを複数運営するのは厳しい多くのレンタルサーバーでは、複数のサイトを一つのプランで運用することができます。ロリポップ!ライトプランでも複数サイトを運用することは可能ですが、WordPressで複数サイトのサイトを運用するのは厳しいです不可能ではありませんが、プログラミングの知識が若干必要になります。ミスをするとサイト自体が動かなくなってしまう危険もあるため、むやみに挑戦しないほうが良いでしょう。動画を大量にアップロードするには不向きロリポップ!のライトプランのファイル容量は160GBとなっています。WordPressのバックアップ等のデータも容量を消費するため、実質160GBすべて使えるというわけではありません。動画を大量にアップロードする必要があれば、もう少し容量に余裕のあるプランにすると良いでしょう。さて、それでは3位まで見ていきましょう。次はリトルサーバーのワードプランです。名前の通り『WordPressが使いやすいように』というコンセプトのプランになりますWordPress可のレンタルサーバーコスパ3位 : リトルサーバー ワードプランランキング1位のリトルサーバー ミニプランの一つ上のグレードになります。WordPressサイトを運用する上で嬉しい機能を充実させたプランになります。また、ミニプラント同じく10日間の無料お試し期間があるのもいい点ですねリトルサーバー ワードプランのメリットワンクリックで簡単WordPressインストールができるミニプランよりも簡単にWordPressをインストールすることができます。素早くサイト運用をスタートできることは周りより一歩リードできるということです。サイトを早く運用させたい方にピッタリのプランですPHP高速化設定が利用可能ミニプランでは利用できなかったPHP高速化設定が利用できます。WordPressサイトを高速で表示させることが可能になり、離脱率を減らし、SEOの面でも有利になります。サイトが高速で表示できることはアクセス数増加につながりますので、これは大きなメリットになりますリトルサーバー ワードプランのデメリット容量が少ないワードプランの容量は30GBになっています。ミニプランよりは多いですが、一年以上運用するとなると厳しいでしょう。おすすめはロリポップ!ミニプランさて、WordPressが使えるレンタルサーバー価格ランキングの上位3つのプランを詳しく見てみました。この中で私のおすすめはロリポップ!ミニプランです。サイト運用で重要な部分であるレンタルサーバーの容量が充分にあり、価格に対して使える容量のコスパがめちゃくちゃいいです。デメリットは長期契約が必要な点と、複数のWordPressサイトを運用するのが難しい点でしたが、基本的には長期的にサイトは運用していきますし複数WordPressサイトを持つケースは少ないでしょう。まとめ最も安く使えるWordPress可のレンタルサーバーはリトルサーバーミニプランメリット コストを最大限抑えられるため、収益をプラスにできる可能性が上がる 10日間の無料お試し期間があるため、その間に動作確認をすれば失敗を防げる WordPressのセットアップが簡単で、素早くサイト運用をスタートできるデメリット 表示速度が遅め、アクセス数減少につながる可能性もある 容量が少ないため、1年間の運用でもいっぱいになってしまう可能性があるおすすめはロリポップ!ライトプランメリット コストを最大限抑えられるため、収益をプラスにできる可能性が上がる 10日間の無料お試し期間があるため、その間に動作確認をすれば失敗を防げる WordPressのセットアップが簡単で、素早くサイト運用をスタートできるデメリット 長期契約が必要なため、短期間の運用が目的であれば不向き 複数のWordPressサイトを運用したい場合に不利というわけで、WordPressが使えるレンタルサーバー価格ランキングでした!あなたのレンタルサーバー選びのお役に立てたら幸いです!では次の記事もお楽しみに!番外編 当サイトで利用しているレンタルサーバー当サイトはXserverを利用しています。 ひと月あたりの価格は990円~と今回ご紹介したプランと比べると高くなっていますが、それに見合う価値を感じたのでXserverを利用しています。特筆すべきなのが表示の速さです。Xserverは高速でサイトを表示するための機能が充実しており、圧倒的な速さでユーザーの離脱を防ぎます。SEOの観点からも高速でサイトを表示できることはとても重要なポイントです。少々コストはかかりますが、本気でサイトの運用を考えているのであればXserverを使うことを強くおすすめします。 また、10日間の無料お試し期間がありますので、本記事で紹介した低価格で利用できるサーバーとの使用感を比べてみるのもいいと思います。

2023年05月10日

Read More

【HTML、CSS】1-1、1-2みたいなネストしたリストの作り方

こんにちは!エンジニアのますみです!本日は1-1、1-2のようなナンバリングを指定するCSSの書き方を解説します。ブログの目次などを見やすくするには欠かせないテクニックです!目次 サンプル 1-1、1-2みたいなネストしたリストの作り方 リストを作る 子リストを少し右に寄せる デフォルトのリストスタイルを非表示にする 疑似要素とcountersを使いナンバリングする ネストしたリストにも同じようにナンバリングの設定をする 親リストのナンバリング、子リストのナンバリングを組み合わせて表示したい形式で表示それではさっそく見ていきましょうサンプル 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素こんな感じのリストを作っていきます。ol要素のようなナンバリングに見えますが、1-1、1-2のようなナンバリングもありますねこれは通常のol要素では作れないため、疑似要素とcounter属性を使っていきます。ちなみに1.1、1.2のようなナンバリングもできます。 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素応用するとこんな感じのデザインもできます。 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素1-1、1-2みたいなネストしたリストの作り方手順1. リストを作る 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素HTMLdiv class="コンテナ"    ul class="親リスト"        li class="親リストのli要素"親リストのli要素/li        li class="親リストのli要素"親リストのli要素/li    /ul    ul class="子リスト"        li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li        li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li        li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li /ul    ul class="親リスト"        li class="親リストのli要素"親リストのli要素/li        li class="親リストのli要素"親リストのli要素/li    /ul    ul class="子リスト"        li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li        li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li        li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li    /ul/div今回はCSSを書く際にセレクタの付け方が少々複雑になります。その為、わかりやすいように日本語でクラス名を付けましたが、本来は日本語のクラス名はおすすめしません。また、以下のようにHTML要素もネストさせたいところですがナンバリングをつける際にCSSが難解になってしまうため、上記のように書くことにします。HTMLul class="親リスト" style="margin-bottom: 0" li class="親リストのli要素"親リストのli要素/li li class="親リストのli要素"親リストのli要素/li li ul class="子リスト" style="margin-bottom: 0" li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li li class="子リストのli要素"子リストのli要素/li /ul /li/ulちなみにul、ol要素でなくても今回紹介するナンバリングを表示させることが可能なので、場面に応じでHTML要素を決めてください!手順2. 子リストを少し右に寄せる 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素CSS.子リスト { margin-left: 0.8rem;}やりたいレイアウトによってはこの工程は無くても可です。こうすることにより、ネストしているとわかりやすくなります。手順3. デフォルトのリストスタイルを非表示にする 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素CSS.親リスト { list-style: none; // 追加}.子リスト { margin-left: 0.8rem; list-style: none; // 追加}デフォルトのリスト装飾は使わないため、親リスト、子リストともにlist-style:noneをセットします。手順4. 疑似要素とcountersを使いナンバリングする 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素CSS.コンテナ { counter-reset: ul; // 追加}.親リスト { list-style: none;}.親リスト .親リストのli要素::before { counter-increment: ul 1; // 追加 content: counter(ul); // 追加}.子リスト { margin-left: 0.8rem; list-style: none;}コンテナにcounter-reset、親リストのli要素に疑似要素(::before)を追加し、counter-incrementという値を使用しています。そして::beforeのcontentにはcounter(ul)という指定をしています。疑似要素(::before)について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧くださいCSSにはセレクタで指定した要素が出てきた回数を数えて、順番にナンバリングする機能があります(若干語弊があるのですが後ほど詳しく解説します)その為に使う属性がcounter-reset、counter-increment、counterです。counter-resetで名前と初期値を指定、リセットするcounter-reset: 名前 初期値;この時に指定した名前に回数を記憶していきます。初期値は指定しなければ0になります。counter-resetを指定した要素が現れるたびに名前に記憶された回数は初期値にリセットされます。今回は.コンテナを持つ要素は一つだけですが、二つ以上に.コンテナを持つ要素が増えるかもしれません。変更が起こる可能性を考えてcounter-resetはしっかり指定しておきましょう。counter-incrementで回数を更新するcounter-increment: 名前 増加数;counter-incrementを指定した要素が現れるたびに、名前に記憶されている回数を更新します。この時、counter-incrementに指定した増加数分数値が増えていきます。今回は.親リスト .親リストのli要素::beforeに対してcounter-incrementを指定しました。.親リスト .親リストのli要素::before { counter-increment: ul 1;}.親リスト .親リストのli要素::beforeが現れるということはHTML上では.親リスト .親リストのli要素が現れたタイミングなのでul class=親リスト style=margin-bottom: 0 ulをリセット、初期値の0がセットされる li class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 1 li class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 2 li ul class=子リスト style=margin-bottom: 0 li class=子リストのli要素子リストのli要素/li li class=子リストのli要素子リストのli要素/li li class=子リストのli要素子リストのli要素/li /ul /li/ulこういうことですねcounter(名前)で要素を表示content: counter(名前)counter-reset、counter-incrementで使用していた名前に記憶されている数値を表示するときにcounter(名前)とします。div class=コンテナulをリセット、初期値の0がセットされるul class=親リストli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 1 counter(ul)で表示、1が表示されるli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 2 counter(ul)で表示、2が表示される/ulul class=子リストli class=子リストのli要素子リストのli要素/lili class=子リストのli要素子リストのli要素/lili class=子リストのli要素子リストのli要素/li /ulul class=親リストli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 3 counter(ul)で表示、3が表示されるli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 4 counter(ul)で表示、4が表示される/ulul class=子リストli class=子リストのli要素子リストのli要素/lili class=子リストのli要素子リストのli要素/lili class=子リストのli要素子リストのli要素/li/ul/divもちろん名前を間違えてしまうとおかしなカウントになってしまうので誤字には注意してください。手順5. ネストしたリストにも同じようにナンバリングの設定をする 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素CSS.コンテナ { counter-reset: ul;}.親リスト { list-style: none; margin-bottom: 0;}.親リスト .親リストのli要素::before { counter-increment: ul 1; content: counter(ul);}.子リスト { margin-left: 0.8rem; list-style: none; counter-reset: uul; // 追加}.子リスト .子リストのli要素::before { counter-increment: uul 1; // 追加 content: counter(uul); // 追加}子リストにもナンバリングをする設定を追加します。親リストの出現回数を記憶しているulとは別でカウントをしていく必要があるため、別途uulという名前に子リストの出現回数を記憶するようにします。div class=コンテナulをリセット、初期値の0がセットされるul class=親リストli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 1 counter(ul)で表示、1が表示されるli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 2 counter(ul)で表示、2が表示される/ulul class=子リストuulをリセット、初期値の0がセットされるli class=子リストのli要素子リストのli要素/li uulに1を足す uul = 1 counter(uul)で表示、1が表示されるli class=子リストのli要素子リストのli要素/li uulに1を足す uul = 2 counter(uul)で表示、2が表示されるli class=子リストのli要素子リストのli要素/li uulに1を足す uul = 3 counter(uul)で表示、3が表示される /ulul class=親リストli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 3 counter(ul)で表示、3が表示されるli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 4 counter(ul)で表示、4が表示される/ulul class=子リストuulをリセット、初期値の0がセットされるli class=子リストのli要素子リストのli要素/li uulに1を足す uul = 1 counter(uul)で表示、1が表示されるli class=子リストのli要素子リストのli要素/li uulに1を足す uul = 2 counter(uul)で表示、2が表示されるli class=子リストのli要素子リストのli要素/li uulに1を足す uul = 3 counter(uul)で表示、3が表示される/ul/div今回はcounter-resetを指定した子リストが二回出現します。そのためuulが記憶している数値はリセットされて、二個目の子リストはまた1,2,3とナンバリングされます。手順6. 親リストのナンバリング、子リストのナンバリングを組み合わせて表示したい形式で表示 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素CSS.コンテナ { counter-reset: ul;}.親リスト { list-style: none; margin-bottom: 0;}.親リスト .親リストのli要素::before { counter-increment: ul 1; content: counter(ul);}.子リスト { margin-left: 0.8rem; list-style: none; counter-reset: uul;}.子リスト .子リストのli要素::before { counter-increment: uul 1; content: counter(ul) "-" counter(uul); // 修正}子リストのli要素の::beforeを修正し、親リストの出現回数を記憶しているulを呼び出すことで1-1、1-2というナンバリングが表示できます。子リストのli要素の一つ目が出現したタイミングで、親リストの出現回数を記憶しているulは2になっているため2-1と表示できるわけですねdiv class=コンテナulをリセット、初期値の0がセットされるul class=親リストli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 1 counter(ul)で表示、1が表示されるli class=親リストのli要素親リストのli要素/li ulに1を足す ul = 2 counter(ul)で表示、2が表示される/ulul class=子リストuulをリセット、初期値の0がセットされるli class=子リストのli要素子リストのli要素/li uulに1を足す uul = 1 counter(ul) - counter(uul)で表示、2-1が表示される...content: counter(ul) - counter(uul);の-が親リストの出現回数と子リストの出現回数の間に表示される文字なので、お好みの文字を入れることで1.1、1.2、1.3と表示したり1:1、1:2と表示したりできます。あとは余白や色を微調整したら完成! 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 親リストのli要素 親リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素 子リストのli要素CSS.コンテナ { counter-reset: ul;}.親リスト { list-style: none; margin-bottom: 0;}.親リスト .親リストのli要素::before { counter-increment: ul 1; content: counter(ul); margin-right: 0.4rem; // 追加 font-weight: bold; // 追加}.子リスト { margin-left: 0.8rem; list-style: none; counter-reset: uul;}.子リスト .子リストのli要素::before { counter-increment: uul 1; content: counter(ul) "-" counter(uul); margin-right: 0.4rem; // 追加 font-weight: bold; // 追加}この辺はお好みで!::before要素に背景色や文字色等のスタイルを指定することで自由なデザインが可能です!最後まで読んでいただきありがとうございます!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年04月30日

Read More

HTML、CSSで太めのアンダーラインを作る方法

こんにちは!エンジニアのますみです!本日はHTML、CSSで太めの下線を作る方法を解説します!いわゆるアンダーラインですね!是非覚えておきましょう!テーマ HTML、CSSで太めの下線を作る方法がわかる text-decorationの使い方がわかる backgroundの応用した使い方がわかる うまくいかないパターンが覚えられる目次 太めの下線を作る方法 text-decorationを使う backgroundを使う うまくいかない例 border-bottomを使う 疑似要素を使うそれではさっそく見ていきましょう太めの下線を作る方法今回はこのようなHTMLで作っていきます。HTMLCSS は、HTMLで記述されたウェブページのspan class=avds9-decorationスタイルやレイアウト/spanを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSはspan class=avds9-decoration見た目や装飾/spanを指定することができます。1. text-decorationを使うCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。このようなアンダーラインはこんなCSSで作れます。.decoration { text-decoration: underline solid #fedc9c 0.4rem; text-underline-offset: -0.2rem;}text-decorationで下線をある程度太くして、色を指定します。text-underline-offsetで下線の位置をちょうどいい位置まで上に移動します。text-decorationについてはこちらの記事で解説しています。詳しく知りたい方は是非読んでみてください2. backgroundを使うCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration { background: linear-gradient(transparent 60%, #fedc9c 30%);}背景の上側が透明、下側が指定した色というグラデーションを作ることで太めの下線が作成できます。transparent 60%の部分が透明な部分、#fedc9c 30%の部分が指定した色の部分になります。うまくいかない例border-bottomを使うCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration { border-bottom: 0.4rem solid #fedc9c;}borderは自由度の高いデザインができるCSSプロパティですが、下線を少し上にするということができません。その為、上のようなレイアウトになってしまいます。疑似要素を使うCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration{ position: relative; z-index: 1;}.decoration::after { content: ""; position: absolute; display: inline-block; width: 100%; height: 0.4rem; background-color: #fedc9c; left: 0; bottom: -0.2rem; z-index: -1;}疑似要素::before、::afterを使うと非常に自由度が高いデザインができますが、改行時のコントロールが難しく、あまりお勧めしません。最後まで読んでいただきありがとうございます!プログラミング学習は何度も繰り返して覚えていくことが大切です!是非ブックマークして学習に役立ててみてください!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年04月30日

Read More

checkboxをデザインできる:checkedの解説【HTML、CSS】

こんにちは!エンジニアのますみです!本日はcheckboxのチェック時のデザインができる:checkedの使い方を解説します!目次 サンプル チェック時のスタイルを作成する手順 デフォルトのスタイルをリセットする チェックされていない状態のスタイルを決める :checkedを使い、チェック時のスタイルを決めるそれではさっそく見ていきましょうサンプル利用規約に同意する 上の利用規約に同意するにチェックをすると、ハンコが押されたようなアニメーションをします。:checkedはcheckboxがチェックされている時のスタイルを指定できるCSS疑似クラスになります。サンプルのHTML、CSSはこの記事の後半に載せておきます。チェック時のスタイルを作成する手順1. デフォルトのスタイルをリセットするチェックしてください 上はデフォルトの状態のチェックボックスです。ブラウザによりますが、チェックすると背景色が変わったり、チェックマークが現れたりしますね自由なデザインにするために、このデフォルトの変化を無しにしていきます。.checkbox { -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; appearance: none; outline: none; background-color: transparent; border-color: inherit;}2. チェックされていない状態のスタイルを決めるチェックしてください .checkbox { -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; appearance: none; outline: none; background-color: transparent; border: 1px solid lightgray; border-radius: 0.2rem; width: 1rem; height: 1rem;}お好みで通常時のスタイルを決めます。私は大きさ、枠線、角丸を指定してみました。3. :checkedを使い、チェックされている時のスタイルを決めるチェックしてください .checkbox { -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; appearance: none; outline: none; background-color: transparent; border: 1px solid lightgray; border-radius: 0.2rem; width: 1rem; height: 1rem;}.checkbox:checked { background-color: lightcoral;}チェックボックスのセレクタの後に:checkedを付け加えたものをCSSに追加します。ここでチェック時のスタイルを定義します。とりあえず背景色を指定してみました。チェックを入れてみると背景色がオレンジ系の色になると思います。ハンコを押すCSSのサンプルどこに需要があるかわかりませんが、この記事冒頭のハンコを押すチェックボックスのHTMLとCSSです。HTMLlabel class="checkbox-label" span チェックしてください /span input class="checkbox" type="checkbox"/labelCSS.checkbox-label { display: flex; align-items: center; cursor: pointer;}.checkbox { width: 3rem; height: 3rem; margin-left: 0.8rem; display: flex; justify-content: center; align-items: center; position: relative; outline: none; border: 1px solid lightgray; -webkit-appearance: none; -moz-appearance: none; appearance: none; cursor: pointer;}.checkbox:checked { background-color: transparent; border: 1px solid lightgray;}.checkbox:before { position: absolute; content: "可"; font-size: 1.8rem; font-weight: bolder; display: flex; justify-content: center; align-items: center; width: 95%; height: 95%; left: 0; color: #C42121; border: 3px solid #C42121; border-radius: 50%; transition: 0s; opacity: 0;}.checkbox:checked:before { opacity: 1; animation: stamp 1s linear;}@keyframes stamp { 0% { opacity: 0; transform: scale(1.2) rotate(720deg); } 10% { opacity: 1; } 50% { transform: scale(1.2) rotate(0deg); } 85% { transform: scale(1.2) rotate(0deg); } 95% { transform: scale(0.8) rotate(0deg); } 100% { transform: scale(1) rotate(0deg); }}最後まで読んでいただきありがとうございます!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年04月30日

Read More

【書けるからわかるCSS】text-decorationで文字を装飾する方法

こんにちは!エンジニアのますみです!本日はtext-decorationの使い方を解説します。意外と自由なデザインが可能なCSSです。是非覚えておきましょう!この記事ではtext-decorationの使い方をサンプル付で解説します。さらに実際にCSSをこのページ上で書くことができるので、プレビューを見ながら使い方を覚えることができます!是非、ブックマークして学習などに役立てていただけたら幸いです!テーマ text-decorationの使い方を覚えて自由なデザインを作れるようになる この記事上でプレビューを見ながらCSSを書くことで、CSSの仕組みを深く理解できる目次 サンプル 基本的な使い方 text-decorationを使用するための最小限のCSS 装飾線の太さを指定する 装飾線のデザインを指定する 装飾線の色を指定する もっと自由にデザインする underlineの位置を指定するそれではさっそく見ていきましょうサンプルHTMLはこのようにしています!HTMLCSS は、HTMLで記述されたウェブページのspan class=decorationスタイルやレイアウト/spanを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSはspan class=decoration見た目や装飾/spanを指定することができます。CSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration { text-decoration : text-underline-offset : } text-decorationは文字に装飾をつけることができるCSSです。border等と違い、文章の途中で改行してもレイアウトが崩れにくいため、上の例のような要点だけ目立たせたいときに便利です。基本的な使い方text-decorationを使用するための最小限のCSSCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration { text-decoration : } このようにtext-decoration : 装飾線の種類とすることで、文字の装飾を表示することができます。装飾線の種類は下記になります。上のエディターを編集してみると装飾線の種類が変わることがわかります。 none :装飾無し (サンプル) underline:下線 (サンプル) overline:上線 (サンプル) line-through:打ち消し線 (サンプル)装飾線の太さを指定するCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration { text-decoration : } text-decorationにサイズを追加すると装飾線の太さを変えることができます。デフォルトでは非常に細い線が表示されるため、サイズを指定する機会は多いです。是非太さを変える方法を覚えておきましょう。装飾線のデザインを指定するCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration { text-decoration : } 下記の値をtext-decorationに追加すると、装飾線のデザインを変更できます。 solid :1本線 (サンプル) double :2本線 (サンプル) dotted :点線 (サンプル) dashed :破線 (サンプル) wavy : 波線 (サンプル)装飾線の色を指定するCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration { text-decoration : } text-decorationにカラーコードサイズを追加すると装飾線の色を変えることができます。上のエディターの#ffa500の部分を好きなカラーコードに変更してみると装飾線の色が変わることがわかります。もっと自由にデザインするunderlineの位置を指定するCSS は、HTMLで記述されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。HTMLがウェブページの構造を表現するのに対し、CSSは見た目や装飾を指定することができます。.decoration { text-decoration : text-underline-offset : } text-underline-offsetを追加すると、underlineの上下の位置を指定することができます。太めのunderlineを使用する時はほんの少し文字とかぶるように位置を調整してバランスをとることが多いです。最後まで読んでいただきありがとうございます!プログラミング学習は何度も繰り返して覚えていくことが大切です!是非ブックマークして学習に役立ててみてください!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年04月29日

Read More

backgroundが効かない??そんな時に確認してほしい7つのポイント

こんにちは!エンジニアのますみです!本日はbackgroundが効かない時に確認してほしい7つのポイントを解説します!目次 CSSのセレクタに問題はないか id、classの名前が間違っている id、classの名前に誤字がある #(シャープ)と.(ドット)が間違っている CSSを上書きしていないか スタイルを上書きしている CSSの優先順位が原因の場合も 要素の大きさが0になっている 要素にサイズが無い インライン要素にwidth、heightを指定してもサイズは0のままそれではさっそく見ていきましょうCSSのセレクタに問題はないかid、classの名前が間違っているHTMLspan class="text"TEXT/spanCSS.item { background : red;}上の例では対象の要素にはtextというクラスが設定されていますが、CSS上では.itemというセレクタを使っています。意外とやりがちなミスなので、HTMLとCSSを照らし合わせて確認してみてくださいid、classの名前に誤字があるHTMLspan class="text"TEXT/spanCSS.texl { background : red;}上の例では対象の要素にはtextというクラスが設定されていますが、CSS上では.texlというセレクタを使っています。CSSは誤字があってもエラーメッセージなどで教えてくれません。その為、結構誤字でスタイルが当たらないこともあり得ます。#(シャープ)と.(ドット)が間違っているHTMLspan class="text"TEXT/spanCSS#text { background : red;}上の例では対象の要素にはtextというクラスが設定されていますが、CSS上では#textというセレクタを使っています。その為、textというidを持つ要素にスタイルが適用されてしまうため、上のspan要素には背景色が適用されません。こちらも意外とやりがちなミスです。CSSを上書きしていないかスタイルを上書きしているHTMLspan class="text"TEXT/spanCSS.text { background : red;}.text { background : transparent;}CSSの行数が多かったりすると起こりがちです。後に読み込まれたスタイル(行で言うと下の方)が優先されるため、上の例ではtransparent(透明)が背景色に適用されてしまいます。CSSの優先順位が原因の場合もHTMLspan id="text" class="text"TEXT/spanCSS#text { background : transparent;}.text { background : red;}基本的には後に読み込まれたスタイル(行で言うと下の方)が優先されますが、例外があります。id(#を使うもの)で背景色を指定していた場合、idの方が優先順位が高いです。そのため上の例では背景色は#textに指定されたtransparent(透明)が適用されます。また、CSSはid class 要素名の優先順位でスタイルを適用するため.text { background : transparent;}span { background : red;}この場合は.textに指定されたtransparent(透明)が適用されます。要素の大きさが0になっている要素にサイズが無いHTMLdiv class="box"/divCSS.box { background : lightcoral;}色付きの四角形や丸などを作りたい時にやりがちですが、上の例では何も表示されません。このような場合は、width、heightを指定するか、padding等を指定して要素に大きさを持たせる必要があります。HTMLdiv class="box"/divCSS.box { background : lightcoral;}HTMLdiv class="coral-box"/divdiv class="green-box"/divdiv class="blue-box"/divCSS.coral-box { width: 2rem; height: 2rem; background: lightcoral;}.green-box { width: 2rem; height: 2rem; background: lightgreen; border-radius: 50%;}.blue-box { padding: 1rem; background: lightblue;}インライン要素にwidth、heightを指定してもサイズは0のままHTMLspan class="box"/spanCSS.box { width: 2rem; height: 2rem; background : lightcoral;}上の例では、画面には何も表示されません。インライン要素はwidth、heightが無効のため、要素のサイズは0のままです。CSSで display : block 等を指定してサイズを有効にするか、HTMLで要素をdiv等に変更することで解決できます。最後まで読んでいただきありがとうございます!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年05月02日

Read More

HTML、CSSはプログラミング言語ではない?その真相は...

こんにちは!エンジニアのますみです!本日はHTML、CSSはプログラミング言語ではないと言われる理由や、その真相を解説します!目次 このブログではHTML、CSSもプログラミング言語として扱っています HTML、CSSはプログラミング言語ではないのか? HTML、CSSはプログラミング言語でないと言われる理由 Java、PHP、Python等のプログラミング言語の共通点とは まとめこのブログではHTML、CSSもプログラミング言語として扱っていますますみのブログでは、HTML、CSSもプログラミング言語として扱っています。理由としては、このブログはプログラミング初心者の方に向けての記事も多くあるため、一般的な認識に合わせた書き方をしています。プログラミングに精通している方であれば違和感を感じるかもしれませんが、私はプログラミング初心者の方が混乱しないためにHTML、CSSもプログラミング言語と呼ぶことにしています。HTML、CSSはプログラミング言語ではないのか?結論は、なんともいえない。です...なぜ名言できないかというと、定義が明確に書かれている文献などが無いためです。風潮としてHTML、CSSはプログラミング言語ではないと言われています。HTML、CSSはプログラミング言語でないと言われる理由プログラミング言語の定義は以下に当てはまるものとされています。 プログラミング言語とは、コンピュータが理解できる命令の集合で、プログラムを記述するための文法を持っているものです。 人間が理解しやすい形式で、コンピュータが実行するための命令を表現します。 アルゴリズムやデータ構造の表現、制御構造を含み、汎用的な機能を提供します。HTML、CSSはあくまでWebページの構造や見た目を定義するもので、複雑な処理を行うことはできません。また、プログラミング言語とされているJava、PHP、Python等には共通点が多くあります。HTML、CSSはその点では独特です。Java、PHP、Python等との共通点はほぼ無く、HTML、CSS特有の記法が殆どです。Java、PHP、Python等のプログラミング言語の共通点とはプログラミング言語には非常に多くの種類があります。 Java Python C++ JavaScript Ruby PHP Swift Kotlin一部をリストアップしましたが、まだまだたくさんあります。これらのプログラミング言語には共通する概念があります。プログラミング言語の共通点変数多くのプログラミング言語には変数という概念があります。const num = 10;変数というのは箱のようなもので、中には数値や文字などの値を入れることができます。これは、一度変数を作ったら同じ値を使いまわす目的などで使われます。この概念はHTML、CSSにはありません。配列const names = ["太郎", "次郎", "三郎"]複数の値を一つの変数に入れておき、これらをまとめて使いまわしたり処理を行ったりするのに使われます。この概念もHTML、CSSにはありません。関数function sample(num){ return num + 1;}関数は処理をまとめておくものです。関数を使うと同じ処理を使いまわすことができます。この概念もやはりHTML、CSSにはありません。まとめこのように、HTML、CSSとそれ以外の言語には大きな違いがあります。明確にプログラミング言語の定義を示している文献などはありませんが、大きく異なるものであることは間違いありません。先ほども書きましたが、私はこのブログではHTML、CSSもプログラミング言語と呼んでいます。プログラミング初心者の方に向けての記事も多いため、記事を読みに来て下さる方々がわかりやすい言い回しを心掛けているためです。明確な定義は無いため、状況に応じてHTML、CSSをプログラミング言語と呼ぶかどうか決める感じで良いかと思います。最後まで読んでいただきありがとうございます!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年04月30日

Read More

CSSで使われる*って何?

こんにちは!エンジニアのますみです!本日はCSSで使われる*(アスタリスク)について解説します!目次 *(アスタリスク)はすべての要素に適用される *(アスタリスク)以外の特殊な書き方 HTMLタグで指定 :から始まるCSSセレクタ 属性による指定それではさっそく見ていきましょう*(アスタリスク)はすべての要素に適用されるH1タグH2タグParagraph(段落)こんな感じのHTMLがあるとします。div h1H1タグ/h1 h2H2タグ/h2 pParagraph(段落)/p/div*(アスタリスク)で要素を指定すると、すべての要素にスタイルが適用されます。では*(アスタリスク)を使ってCSSを書いてみましょう。H1タグH2タグParagraph(段落)CSS* { background-color: lightblue;}*(アスタリスク)を使い、背景色にlightblue(薄い青色)を指定しました。このようにすべてのタグにlightblue(薄い青色)が適用されましたね*(アスタリスク)以外の特殊なCSSの書き方ここでいう特殊なというのは、クラス名やid以外のことを指します。HTMLタグで指定H1タグH2タグParagraph(段落)CSSh1 { background-color: lightblue;}h1、h2、p、span等のHTMLタグで指定することもできます。ですが、HTMLタグを使ってCSSを書く方法は、管理が大変になってしまいがちなので注意が必要です。HTMLタグを使ってCSSを書く最も多いケースはbodyに対してスタイルを適用することです。body { margin: 0; padding: 0;}通常、Webブラウザーはデフォルトで body要素に余白やパディングなどのスタイルを設定しています。デフォルトのスタイルがページのスタイリングに影響を与えることがあるため、CSSで余白などをリセットする際に使われます。また、font-family等のウェブサイト全体で統一したいスタイルも、bodyタグでCSSを書くと良いでしょう。:から始まるCSSセレクタH1タグH2タグParagraph(段落)CSSh1:hover { background-color: lightblue;}:や::で始まるものは疑似クラスと呼ばれ、マウスホバー時や、インプットにフォーカスした時の状態を指定します。マウスホバー時のスタイルを定義できる:hoverの使い方はこちらの記事で解説しています。インプットにフォーカスした時のスタイルを定義できる:focusの使い方はこちらの記事で解説しています。属性による指定 HTMLdiv input type="text" input type="email"/divCSSinput[type="text"] { border: 1px solid lightgray; width: 100%; padding: 0.4rem 0.8rem; border-radius: 0.4rem; margin-bottom: 1rem;}このように、input要素でtypeがtextのもの、といった指定方法もあります。name属性で指定する場合はこんな感じで書くことができます。HTMLdiv input name="name" type="text" input name="email" type="email"/divCSSinput[name="name"] { border: 1px solid lightgray; width: 100%; padding: 0.4rem 0.8rem; border-radius: 0.4rem; margin-bottom: 1rem;}最後まで読んでいただきありがとうございます!質問や、こんなことを記事にしてほしい!というのがありましたらTwitterのコメント等で受け付けていますので、お気軽にどうぞ!ますみ - 愛知県在住の20代プログラマー - | @mashmy_98それでは次の投稿もお楽しみに!

2023年04月29日

Read More

ますみ

愛知県在住の20代プログラマーです!

プログラミングと無縁の専門学校を卒業して働き出しましたが、コロナ禍でほぼ無職に...

無職時代に独学でプログラミングを勉強して、未経験からめでたくプログラマーとして採用していただけました。

このブログを見た方が、わたしが独学で勉強していた時期に悩んでいたことで悩まないように...そう願いながら情報を発信しています!

おすすめレンタルサーバー


当サイトはXserverを利用しています。 HTML、CSSで作成したホームページはもちろん、wordpress、Laravel等で作成した高度なアプリケーションも利用可能です!

ますみ

愛知県在住の20代プログラマーです!

プログラミングと無縁の専門学校を卒業して働き出しましたが、コロナ禍でほぼ無職に...

無職時代に独学でプログラミングを勉強して、未経験からめでたくプログラマーとして採用していただけました。

このブログを見た方が、わたしが独学で勉強していた時期に悩んでいたことで悩まないように...そう願いながら情報を発信しています!